カテゴリー別アーカイブ: 嫉妬

泊め男

私は深夜まで遊び歩くのが大好きですが、朝帰りは面倒なので泊め男を活用しています。泊め男はこちらの都合のいいように予定を合わせてくれるし、その日にすぐ泊め男が見つかることもあるから、私みたいな遊び人にはぴったり。結構わがままに泊めさせてもらっているけど、夜中とか朝にちゃんとご奉仕してお互い利用し合っている感覚。

今一番長く続いている泊め男とは、出会い系の書きこみがきっかけで知り合いました。私が泊め男探しをしているときに、連絡をくれてそこから半年は関係が続いていますね。彼の家は都心の駅から近く、終電を逃しても繁華街から歩いて行ける距離にあります。家に帰るよりも簡単に行けるから、結構頻繁に泊めさせてもらいますね。
神待ち

この前週末に彼の家に行くと、彼の友達が3人いました。もちろん彼も自分が泊め男とは言いませんから、自然と私が彼女のふりをすることに・・・最初はみんなで楽しくお酒を飲んでいたのですが、彼の友達がキスしているところを見せろと言ってきました。私たちもお酒を飲んでいたので酔っぱらって公開キス。そしたらだんだんと盛り上がってきて、気づけばおっぱいをみんなに見せることに。最初はただ眺めていただけの友達も、いつのまにか触ったり乳首を舐めたり・・・男4人におっぱいを触られて、思わず喘ぎ声が我慢できなくなって。

さすがに全員でエッチまではしませんでしたが、友達が帰った後泊め男とすぐエッチ。私がいつもより濡れていたので、彼に「いやらしい女!」とバカにされました。でも正直危ない状況に興奮していたのは確かですね。挿入中もいやらしい音が部屋全体に響き渡って、自分が自分じゃないみたいな感覚もありました。しばらくはあの快感が忘れられそうにありません。
神待ち掲示板
泊め男